競輪を統括するJKAは27日、競輪選手2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。競輪選手の感染は初めて。

 JKAによると、当該2選手はレースに出場していなかった22、25日にそれぞれ自宅で発熱し、ともに25日に受けたPCR検査の結果、26日に陽性と判明した。現在、2人とも入院している。

 濃厚接触者については保健所で調査中。保健所の指導に基づいて必要箇所の消毒を既に実施し、今後の開催に影響はないという。