トヨタ自動車系で車用品卸売りを手掛けるトヨタモビリティパーツ(名古屋市)は27日、トヨタに加え、他の自動車メーカーの補修用部品も販売店などに配送する取り組みを始めたと発表した。配送の効率化やコスト削減が狙い。異なるメーカー同士が補修用部品の大規模な共同配送を手掛けるのは全国的にも珍しいという。

 共同配送は、SUBARU(スバル)と組んで三重県と愛知県で6月から順次開始。ダイハツ工業とも広島県と岐阜県でスタートする。今後は運用効果を検証しながら、協力する自動車メーカーや地域を拡大させる。