菅義偉官房長官は27日、首相官邸で開かれた政府の観光戦略実行推進会議で、旅先で休暇を楽しみながらテレワークする「ワーケーション」について「新しい旅行や働き方のスタイルとして支援していく」と述べ、普及推進に取り組む考えを示した。ホテルや旅館で仕事ができるようWi―Fiの導入を促進する。

 新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、政府の観光支援事業「Go To トラベル」などを活用した新たな需要を掘り起こす狙いもある。

 このほか菅氏は特定の時期や場所に観光客が偏らないよう休暇取得の分散化の取り組みを関係省庁に指示した。