JR東日本は27日、土日となった25、26日の新幹線と在来線特急の利用者は前年同期比70%減だったと明らかにした。前週(18、19日)は76%減。政府の観光支援事業「Go To トラベル」の開始と4連休が重なったが、大きな伸びはなかった。

 JR東によると、平日20~22日の新幹線と特急は前年同期比61%減。前週の平日(14~17日)は63%減で横ばい。東京・山手線の平日の通勤時間帯は2月初旬と比べ37%減、土日は前年と比べ53%減だった。

 東京都内の駅は減少幅が大きいままで、東京47%減、新宿45%減、渋谷42%減だった。