サッカーのドイツ1部リーグ、ウニオン・ベルリンに移籍するJ1横浜Mの遠藤渓太(22)が27日、オンラインで記者会見し「マリノスへの愛着はあるが、選手としての選択をした。結果が必要になる。信頼を得られるまで諦めるつもりはない」と初の海外挑戦へ意気込んだ。

 横浜Mで同僚だった久保建英(マジョルカ)ら同世代の海外組にも刺激を受けての決断だった。来年6月末までの期限付きだが活躍が認められれば完全移籍につながる。「1年でやっぱり無理でした、と帰ってきたくはない。どこまで自分が通じるか見せつけられればいい」と語った。

 26日の札幌戦で違和感を訴えた左脚は軽傷だった。