東武百貨店(東京)は27日、9月1日から池袋本店(東京都豊島区)と船橋店(千葉県船橋市)の営業時間をフロアによって1時間~1時間半短縮すると発表した。新型コロナウイルス対策で企業の在宅勤務が進んでいるほか、外出を控える動きが続いていることで来店客が減少しており、これを機に従業員の働き方改革を進める。

 池袋本店は紳士服や宝飾などの売り場の営業時間を午前10時半~午後7時とし、これまでの午前10時~午後8時より1時間半短縮する。婦人雑貨や食品売り場は月~土曜の営業終了を午後9時から午後8時に1時間早める。

 船橋店は婦人雑貨や食品売り場で1時間短くする。