三菱自動車は27日、2021年3月期の連結純損益が3600億円の赤字になる見通しだと発表した。新型コロナウイルス感染拡大による販売低迷が要因で、赤字額は前期の257億円から大幅に拡大し、リコール隠し問題で4747億円の巨額赤字となった05年3月期以来の水準となる。経営再建に向け、スポーツタイプ多目的車(SUV)「パジェロ」の生産から撤退。子会社パジェロ製造(岐阜県坂祝町)の工場での生産を21年度上期に停止し、閉鎖することも正式発表した。

 21年3月期の連結売上高は前期比34・8%減の1兆4800億円にとどまる見通し。