三井物産やパナソニック、凸版印刷などが自動運転の実証実験を万博記念公園(大阪府吹田市)で実施する計画が27日、複数の関係者への取材で明らかになった。自動運転専用の小型バスを使い、景色と連動して案内を映し出すディスプレーを窓に搭載。乗客と対話できる多言語の自動音声機能を備えるなど次世代技術を集約する。2025年大阪・関西万博での実用化を視野に入れる。

 9月にも実施する予定だったが、新型コロナウイルスの状況を見極めて改めて時期を判断する。

 実験は約1カ月間、休日を中心に公園の象徴として知られる太陽の塔周辺と、公園北部の日本庭園周辺の2ルートで実施する。