プロ野球とサッカーのJリーグが新型コロナウイルスの感染拡大に連携して対応するために設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第12回会議が27日、オンラインで開かれ、Jリーグの村井満チェアマンは会議後の記者会見で、8月末まで観客5千人の上限を維持することを明らかにした。

 感染再拡大により、政府が8月1日に予定していたイベント開催制限の緩和を9月以降に先送りしたことを受け、プロ野球は既に8月末まで観客数5千人の上限を据え置くことを決めていた。Jリーグは暫定的な措置として8月10日まで延期していた。