JR東日本が東京・山手線に30番目の新駅として3月に開業した高輪ゲートウェイ駅で、将来の鉄道事業の変革を目指した最新鋭ロボットの実証実験を進めている。新駅は最新テクノロジーの実験場と位置付ける。新型コロナウイルスの感染防止のため、消毒ができるロボットも登場し、実用化に向けチェック作業を加速する考えだ。

 27日は報道関係者に実験を公開した。消毒ロボットはセンサーや3Dカメラを駆使して人や壁にぶつからないようにしながら、手すりに消毒液を吹き付けて回った。

 山手線の車両を模したロボットは駅の会議室までコーヒーを運び、自動で元の位置に戻った。