オリビア・デ・ハビランドさん(米名作映画「風と共に去りぬ」出演女優)AP通信などによると、26日、パリの自宅で死去。104歳。死因は老衰という。

 16年7月、英国人の父親の仕事の関係で東京生まれ。ビビアン・リー主演で、米国の南北戦争を描いた39年の「風と共に去りぬ」にメラニー役で出演。BBC放送によると、同作品の主な出演者の中で健在だった最後の1人という。

 49年の「女相続人」などで米アカデミー主演女優賞を2度受賞。同じく受賞者で妹の故ジョーン・フォンテーンさんとは不仲だったとされる。

 米映画界で、俳優側の立場の強化に尽力したことでも知られる。