ハンドボール日本リーグの今シーズンの公式アンバサダー(親善大使)に、プロ野球ソフトバンクで強打の左打者として活躍した松中信彦氏(46)が就任することが26日、分かった。27日にも発表される見込み。

 長男がハンドボールをしていたことから競技への関心を深め、19年に福岡市を活動拠点とするチーム「KINGS」を立ち上げた。昨年11~12月に出身地の熊本で開催された女子世界選手権でもアンバサダーを務め、大会の盛り上げや競技の魅力発信に貢献した。日本リーグは男子が11チーム、女子は9チームが参加し、8月29日に開幕する予定。