日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は大相撲7月場所8日目の26日、外出して数人との会食が判明し、同場所7日目から休場した東前頭5枚目の阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=が25、26日に受けた新型コロナウイルスの抗原検査で陰性だったと明らかにした。協会は場所後の理事会で処分を検討する方針。

 幕内力士として極めて自覚を欠いた振る舞いに、芝田山部長は「情状酌量の余地はない」と断じた。同部長によると、阿炎は場所前と場所中の2度も外で会食。ともに「夜の店」とされる接待を伴う飲食店に出掛けた。