自宅アパートで無職の夫(36)をボーガンで撃ち、さらに包丁で切り付けて殺そうとしたとして、兵庫県警兵庫署は26日、殺人未遂の疑いで、神戸市兵庫区夢野町、無職樽井未希容疑者(33)を現行犯逮捕した。夫は首を切り付けられて病院に運ばれたが、命に別条はない。

 逮捕容疑は26日午前5時50分ごろ、自宅のアパートの寝室で寝ていた夫にボーガンを撃ち、矢が頭部をかすめたことで目を覚ました夫の首を包丁で切り付けた疑い。

 署によると、夫が包丁を取り上げると、樽井容疑者が「夫を包丁で刺した」と110番した。樽井容疑者は夫のほか、小学生と未就学児の子ども2人との4人暮らし。