【ニューヨーク共同】米南部フロリダ州の保健当局は25日、これまで州内で確認された新型コロナウイルス感染者が約41万5千人になったと発表した。米メディアによると、約41万1千人の東部ニューヨーク州を上回り、州別で2位となった。最多は西部カリフォルニア州で約44万5千人。

 フロリダ州によると、累計の死者数は5777人で、約半数が高齢者施設の入所者や関係者。米国で流行の中心は東部から南部や西部に移っており、経済活動再開の計画見直しを迫られる州が続出している。

 ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、米国の感染者は累計で415万人を超え、死者は約14万6千人。