東日本や西日本は太平洋側を中心に27日にかけて大雨の恐れがあり、気象庁は26日、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。28日には東北や北陸でも前線の位置や活動状況次第で大雨の恐れがあるという。

 気象庁によると、前線は28日にかけて東北付近では停滞し、西日本付近では朝鮮半島付近まで北上する見込み。前線に暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が安定せず、前線活動の活発な状態が続きそうだ。

 27日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で東海200ミリ、中国、四国120ミリ、関東甲信、近畿100ミリ。