鳥取県立の鳥取東高と鳥取西高は25日、鳥取市中心部で、吹奏楽部や合唱部の生徒による野外コンサートを開いた。新型コロナウイルスの影響で全国大会などが中止になったため、3密(密閉、密集、密接)にならない場所で練習成果を披露しようと、学校側が企画した。

 会場となったJR鳥取駅前広場に登場したのは、両校の男女計74人。鳥取県米子市出身のメンバーが在籍するバンド「Official髭男dism」の楽曲など、15曲を披露した。客席数の2倍を超える約500人の聴衆は、マスクを着けて互いになるべく距離を取りつつ、生徒の演奏や歌を静かに見守った。