大相撲7月場所7日目の25日、東前頭5枚目の阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=が休場した。師匠の錣山親方(元関脇寺尾)はテレビ放送で、阿炎が客と会食に出たため大事を取って休ませたと明らかにした。新型コロナウイルス感染の可能性を考慮したとみられる。発熱の症状はないという。

 芝田山広報部長によると、阿炎は26日以降に抗原検査やPCR検査を受ける予定。結果が判明するまで休場する。

 日本相撲協会は7月場所について、協会員の場所入り以外の外出を禁止している。錣山親方は「こういう時期に軽はずみな行動をしてしまった。申し訳ありません」と謝罪した。