サッカーJ1の名古屋は25日、DF宮原和也選手(24)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが確認されたと発表した。Jリーグ再開後、選手の陽性反応は今回が初。同クラブの選手では6月に感染したFW金崎夢生(31)、オーストラリア出身のGKミッチェル・ランゲラック(31)の両選手に続いて3人目。2人は既に治療を受け、試合に復帰した。

 今季の宮原選手は22日、昭和電工ドーム大分で行われたJ1の大分戦でベンチ入りした。名古屋は25日にオンラインで記者会見し、選手やスタッフら60人に対して同日、PCR検査をしたことを明らかにした。