【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク金先物相場は6営業日続伸し、取引の中心となる8月渡しが前日比7・50ドル高の1オンス=1897・50ドルで取引を終えた。終値として2011年8月の1891・90ドル以来約8年11カ月ぶりに過去最高値を更新した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない上、米中関係の悪化も世界景気に悪影響を及ぼすとの懸念が広がり、比較的安全な資産とされる金に資金を避難させる動きが強まった。一時、1904・60ドルまで上昇した。

 金は、景気減速による需要減に結び付く原油などと比べ、景気後退の影響を受けにくいとされる。