新型コロナウイルスの感染が相次いでいる東京・新宿の歌舞伎町と池袋の繁華街で、警視庁は24日夜、風営法に基づき店舗に立ち入り調査をした。都職員も同行し、感染拡大防止のガイドラインを順守しているかどうかなど予防策の実施状況を確認した。

 風営法に基づく立ち入り調査時の感染症対策は、菅義偉官房長官が警察の立ち入りを積極的に進める意向を表明。小池百合子知事も警視庁を訪れ、協力を要請した。

 立ち入り調査はホストクラブなどを対象とし、従業員名簿が備え付けられているかどうかや、時間外営業をしていないかなどをチェック。店側の同意を得て、都職員が予防策の点検や周知を行った。