【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク外国為替市場の円相場はドルに対し値上がりして、一時105円台後半をつけた。3月以来、約4カ月ぶりの円高ドル安水準。米中関係の悪化を受けて、投資家がリスク回避姿勢を強め、相対的に安全な通貨とされる円を買って、ドルを売る取引が優勢となった。

 午前10時現在は前日比1円06銭円高ドル安の1ドル=105円74~84銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1606~16ドル、122円79~89銭。