西武が今季2度目のサヨナラ勝ちで接戦を制した。2―2の九回1死一、二塁で外崎がプロ6年目で初となるサヨナラ打を左前に放った。4番手の増田が2勝目をマーク。ロッテは一度は追い付きながらも力尽き、勝率5割に転落した。