安倍晋三首相は24日、新型コロナウイルスの新規感染者が全国的に増加している状況に関し「国民には三つの密を回避し、大声を出す行動を控えるなど、感染を予防する行動を徹底するよう改めてお願いする」と述べた。現時点での緊急事態宣言の再発令には否定的な見解を示した。官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「確かに感染者数は増えており、高い緊張感を持って注視している」とし、「再び今、緊急事態宣言を出す状況にはないと考えている」と語った。現状では検査能力は余裕があると強調。陽性者の早期発見と治療を進め、リスクの高い基礎疾患のある人や高齢者への感染防止に万全を期すとした。