難病の女性患者に薬物を投与し殺害したとして、嘱託殺人容疑で京都府警に逮捕された医師大久保愉一容疑者(42)の妻大久保三代元衆院議員(43)が24日、宮城県名取市で記者会見、容疑者がクリニック経営のほか勤務医もしており「お金に困っていなかった」と述べた。事件につながる行動も記憶にないとした。

 三代元議員によると、大久保容疑者は北海道釧路市の公立高を卒業後、弘前大医学部(青森県弘前市)に進学。厚生労働省技官を約7年半務め、複数の医療機関に在籍後、名取市で呼吸器内科と精神科のクリニックを開業した。週4回は勤務医として働き、その収入は月約100万円に上るという。