大阪府は24日、10~90代の男女149人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日に確認された数としては22日の121人を超え、過去最多。100人超は3日連続で、府内での感染確認は2915人になった。府が病床確保計画の根拠にした「ピーク時に130人」との見積もりを上回り、計画の再点検が避けられない情勢だ。

 また、感染が確認されて入院していた八尾市の80代男性が死亡。死者は87人となった。

 阪南大(松原市)では既に判明している1人を含め、同じクラブの学生20人の感染が判明。府はクラスター(感染者集団)が発生したとした。