【上海共同】雑貨店のロフトは24日、上海に中国1号店をオープンした。初めての海外直営店で、今後四川省成都にも展開し、2023年までに両都市で計6店舗を運営する計画。日本国内の店舗は中国人旅行客からも人気が高く、現地でも商機があると判断した。

 1号店は上海中心部の商業施設内に出店し、営業面積は約940平方メートルで日本の標準的な店舗と同じ広さ。文房具や生活雑貨など約1万2800種類の商品を取りそろえ、年間8億円規模の売り上げを目指す。

 ただ、中国の小売業界はインターネット通販が隆盛で、店舗販売は苦戦しているところも多い。