生後3カ月ぐらいの女児を自宅マンションに約16時間置き去りにしたとして、警視庁浅草署は24日、保護責任者遺棄の疑いで、東京都台東区、母親で自称アルバイト、坂元愛容疑者(30)を逮捕した。女児は搬送先の病院で死亡した。

 浅草署によると、坂元容疑者は長女とみられる女児と2人暮らし。容疑を認め、「母乳は与えていた」と供述しているという。女児に目立った外傷はなく、署は司法解剖して死因を詳しく調べる。

 逮捕容疑は22日午後6時から23日午前10時ごろ、自宅に女児を1人残して外出した疑い。帰宅後に「娘の意識がない」と自ら119番した。