広島市は24日、市が設置する広島競輪場で、25日は無観客でレースをし、26日からは当面閉鎖して窓口の払い戻し業務なども中止すると発表した。従業員1人が新型コロナウイルスに感染したため。

 市によると、23日までに感染が確認された人の中に、競輪場の運営を受託する日本写真判定(東京)の従業員が含まれていた。現金の管理や場内の消毒を担当し、20日まで出勤していた。