オムロンは、工場や倉庫で重い荷物を運ぶ新型の自動搬送ロボットを発売した。人工知能(AI)を搭載し、人や障害物を回避しながら目的地までの最適なルートを考えて走行する。積載重量は1・5トンと世界最大級で、フォークリフトの代わりに大きな自動車部品などを運べる。省人化により、製造現場での3密(密閉、密集、密接)防止にもつながる。

 商品名は「モバイルロボットHD―1500」。過去のモデルは250キロまでしか対応できなかった。ソフトウエアの改善で位置情報の精度を向上させたり、センサーの数を増やしたりして安全性を担保している。