富士フイルムは24日、バイオ医薬品の開発製造の受託を手掛ける子会社が、米ノババックスが開発している新型コロナウイルス感染症のワクチン候補の原薬製造を受託したと発表した。

 ノババックスは新型コロナウイルスの遺伝子情報から作り出した抗原を使ったワクチン候補の開発を進めている。臨床試験をオーストラリアで実施するなどし、1億人分のワクチン供給を目指している。