【ロサンゼルス共同】米大リーグは23日、開幕ベンチ入り30選手を発表し、エンゼルスの大谷が今季新設された「二刀流選手登録」で名を連ねた。

 メジャー1年目の日本選手ではレイズの筒香、レッズの秋山、ブルージェイズの山口がメンバー入り。4日に打球を頭部に受けたヤンキースの田中と、6月下旬に新型コロナウイルスに感染したマリナーズの平野は調整が遅れ、負傷者リストで開幕を迎える。

 コロナ禍で実施される今季は開幕時ベンチ入り選手を本来の26人から拡大。今後は28人、26人と段階的に減らしていく。