【ニューヨーク共同】23日のNY金先物相場は5営業日続伸し、取引の中心となる8月渡しが前日比24・90ドル高の1オンス=1890・00ドルで取引を終えた。中心限月の終値では約8年11カ月ぶりの高値水準。新型コロナウイルス感染症の収束が見通せず、景気の先行き懸念から安全資産とされる金への資金流入が続き、2011年に付けた最高値を更新しそうな勢いだ。

 取引時間中の過去最高値は11年9月につけた1923・70ドル。

 一方、23日のNY原油先物相場は続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の9月渡しが前日比0・83ドル安の1バレル=41・07ドルで取引を終えた。