【ワシントン共同】米司法省は23日、中国軍との関係を隠して研究名目で米国ビザを申請し、不正に取得した疑いで中国人4人を訴追したと発表した。うち1人は西部カリフォルニア州サンフランシスコの中国総領事館で、かくまわれていると明らかにした。

 4人以外にも、連邦捜査局(FBI)が25以上の米都市で、中国軍との関係を伏せてビザを取得した中国人に事情聴取したという。

 司法省は声明で「中国人民解放軍のメンバーが本当の所属を隠して研究者用のビザを申請した」と指摘。「中国共産党がわれわれの開かれた社会につけ込み、学術機関を不当に利用した一例だ」と説明した。