【ニューヨーク共同】米航空大手3社の2020年4~6月期決算が23日出そろい、純損益の赤字が計94億1100万ドル(約1兆100億円)となった。新型コロナウイルスの感染拡大が経営を直撃し、収益の柱である旅客収入が激減。アメリカン航空グループ、ユナイテッド航空ホールディングス、デルタ航空はいずれも売上高が前年同期と比べ9割近く減り、純損益が赤字に転落した。

 3社は米政府による緊急金融支援を受け、経営破綻への懸念は遠のいている。ただ旅客需要は「持続的な回復に2年以上かかる」(デルタのバスティアン最高経営責任者)とみられ、業績低迷の長期化が避けられない。