巨人は1―1の八回に5点を奪い、3カード連続で勝ち越した。無死満塁から岡本の2点二塁打、中島の三ゴロで加点し、ウィーラーが2ランを放った。メルセデスは7回1失点で2勝目。中日は好調だった救援の福が5失点と乱れた。