大阪府は23日、新たに104人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。22日に確認された最多の121人に次いで2番目に多く、100人超は2日連続となった。

 感染疑いに対する検査は1468人分実施し、陽性率は7・1%。重症者は1人で、他はいずれも軽症か無症状。感染経路不明は75%に当たる78人だった。府内の感染者は2766人となった。

 また、これまでに感染が確認されていた2人が重症となった。重症者は計13人で、23日現在の重症用ベッドの使用率は6・9%。

 感染状況を判断する独自基準「大阪モデル」は警戒を示す黄信号の点灯が12日から続いている。