【北京共同】中国国営中央テレビによると、中国は23日、火星着陸を目指す探査機「天問1号」を搭載した大型ロケット「長征5号遥4」を南部、海南省(海南島)の発射場から打ち上げ、軌道投入に成功した。軟着陸に成功すれば米国に次いで2カ国目となる。習近平指導部が掲げる「宇宙強国」確立の目標に向けた重要プロジェクトだ。

 火星の周辺に到達するのに約7カ月かかる。2021年の中国共産党結成100年に合わせた国威発揚にもつなげる狙いだ。

 天問1号は火星の周りの軌道を飛行しながら着陸機を分離する。着陸機は落下傘と逆噴射エンジンを使って軟着陸し、搭載する火星探査車を降ろす。