筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者の依頼を受け、薬物を投与して殺害したとして、京都府警は23日、嘱託殺人の疑いで、宮城県名取市でクリニックを営む仙台市泉区の医師大久保愉一容疑者(42)と、東京都港区の医師山本直樹容疑者(43)を逮捕した。

 府警によると、女性は京都市中京区鍛冶町、無職林優里さん=当時(51)。捜査関係者によると、会員制交流サイト(SNS)を通じて大久保容疑者に「安楽死させてほしい」という趣旨の依頼をした形跡があった。山本容疑者の口座には、林さんから100万円以上の現金が振り込まれていた。