【サンパウロ共同】フランス留学中の筑波大生黒崎愛海さんが行方不明になった事件で、殺人容疑で国際手配された元交際相手のチリ人ニコラス・セペダ容疑者(29)が22日、チリ当局により中部ビニャデルマルの自宅から首都サンティアゴに連行された。首都でフランス捜査当局に引き渡され、23日午後(日本時間24日未明)の民間機で同国に移送される。

 セペダ容疑者が家族と住んでいた自宅マンションの関係者らによると、22日夜に警察官数人が訪れ、容疑者をワゴン車で連れて行った。捜査関係者によると、23日の搭乗直前にフランスの捜査関係者に引き渡される。