JR旅客6社は22日、8月7~17日のお盆期間の新幹線と在来線特急の指定席予約が前年同期比79%減の75万席にとどまったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が影響し、1987年のJR発足以来、過去最低。政府は観光業界への支援事業「Go To トラベル」を始めたが、旅行需要は低迷したままと言えそうだ。

 新幹線の路線ごとの予約席数は21日までのまとめで、いずれも前年同期比で北海道78%減、東北81%減、秋田84%減、山形83%減、上越79%減、北陸の東日本区間80%減、西日本区間82%減、東海道79%減、山陽78%減、九州75%減と軒並み厳しい状況だ。