大阪市西成区のあいりん地区にあり、昨年4月に閉鎖された複合施設「あいりん総合センター」の敷地などで野宿するホームレスら22人に対し、大阪府が立ち退きを求めて大阪地裁に提訴したことが22日、分かった。敷地は公有地に当たると主張している。支援団体の担当者は「他に安全な居場所がなく、裁判の仕組みが分かっていない人もいる。弁護士と相談し、対応を考える」と話している。

 訴状によると、ホームレスらはブルーシートや布団を公有地に持ち込み、不法占有しているなどとしている。提訴は4月22日付。

 府は「係争中の案件で、詳細はコメントできない」としている。