政府の観光支援事業「Go To トラベル」は新型コロナウイルスの感染を拡大させるとして、東京都品川区の女性と栃木県鹿沼市の夫婦が事業差し止めを求めた仮処分の申し立てに東京高裁は22日、「直ちに生命、身体に具体的危険が生じるとは認められない」と、東京地裁に続いて退ける決定をした。

 高裁の村上正敏裁判長は「感染拡大を懸念する意見が少なからず存在し、理解できる」とする一方で「著しく不合理な政策で、国の裁量権を逸脱するとは言いがたい」と指摘。地裁の却下決定を不服として3人が申し立てた即時抗告を棄却した。