米プロバスケットボールNBAは21日、フロリダ州オーランド近郊で30日(日本時間31日)に再開するシーズンを前に「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命も大事だ)」との差別撤廃を訴えるメッセージが記された同地のコートを報道陣に公開した。複数の米メディアが報じた。

 BLMはミネソタ州の白人警官による黒人男性暴行死事件に端を発した抗議活動で標語の一つとなった。新型コロナウイルスの影響で約4カ月半ぶりに再開するリーグでは選手が自身の名前の代わりにユニホームに社会的なメッセージを入れることができるなど、プレーを通じて普遍的な価値を訴えようと意識している。