国民民主党の玉木雄一郎代表は22日の記者会見で、立憲民主党と合流した際に結成する新党の党名を巡り、投票によって決めるべきだとの考えを明らかにした。会見に先立つ両党幹事長会談で立民側に求めた「民主的な手続き」による決定について「投票以外にイメージできない」と述べた。立民の福山哲郎幹事長は投票以外の方法を検討する考えを示しており、異論を唱えた形。隔たりの大きさが鮮明となった。

 玉木氏は、これまでの水面下交渉で国民側が無記名投票を提案し、立民側に断られたことも明かした。「投票以外に民主的な方法があるのなら知りたい」と語り、具体策の提示を促した。