気象庁は22日、8~10月の3カ月予報を発表した。暖かい空気に覆われやすく、猛暑になる恐れがある。西日本や東日本は今月1~20日、雨や曇りで日照時間が短く、平均気温が平年よりも低かったといい、今後の気温上昇による熱中症に注意が必要だ。9月以降の残暑も厳しい見込み。

 8~10月の気温は北日本(北海道、東北)で平年並みか高く、東日本(関東甲信、北陸、東海)、西日本(近畿、中国、四国、九州)、沖縄・奄美は高くなりそうだ。降水量は沖縄・奄美で平年並みか多く、他はほぼ平年並みの見込み。