来年の東京五輪で金メダル獲得が期待されるソフトボール女子日本代表が22日、東京都内で赤色を基調とした新ユニホームを発表し、主将の山田恵里(日立)は「このユニホームにパワーをもらい、来年の五輪で一番いい色のメダルを取りたい」と決意を新たにした。

 新型コロナウイルスの影響で五輪が延期されていなければ、22日にソフトボールから競技が始まっていた。山田は「本来は試合をしているはずだったが、気持ちはもう来年に向いている」と切り替えを強調した。

 宇津木麗華監督はオンラインで取材に応じ「1年延びたことで、チームの戦略や戦術は変わってくる」と語った。