NHKは22日、新型コロナウイルスの影響で6月14日から休止していた大河ドラマ「麒麟がくる」の放送を、8月30日から再開すると発表した。同月9日からは3週にわたり、休止前の21回までの総集編を放送する。

 同番組の収録は4月に中断。感染防止対策を取った上で6月30日から再開していた。全44回の放送回数については「収録の状況を見ながら検討する」としている。

 一方、6月29日から放送休止中の連続テレビ小説「エール」の再開時期は未定で、当面は再放送を続けるとしている。