リニア中央新幹線の静岡工区を巡り、静岡県の川勝平太知事は22日、自民党の特別委員会にウェブ中継で出席し、国の有識者会議が出す結論を「もちろん尊重する」と表明した。ただ、県が独自に設置した専門部会でも議論を続けるとも述べた。着工できるかどうかはなお見通せない。

 特別委の古屋圭司委員長は記者団に「疑問点が科学的に説明されれば、従うとの趣旨だった。沿線知事や国会議員の前で言明したのは非常に大きい」と述べた。

 会合は非公開。川勝氏は終了後、記者会見で「私は一貫してリニアの大推進論者だと伝え、理解してもらえた」と強調した。