厚生労働省は22日、新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスなど、複数のウイルスを同時に検出できる新たなPCR検査キットについて、公的医療保険の適用対象とすることを中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提案し、了承された。新型コロナと他のウイルスが同時検出できるキットの保険適用は初めて。

 秋から冬にかけてのインフルエンザの流行を前に、検査時間の短縮につながるほか、患者の負担軽減も期待される。

 「ビオメリュー・ジャパン」(東京)が販売する。同社によると21のウイルス、細菌の同時測定が可能で、50分ほどで結果が判明するという。